植物+公園@ロンドン

元貴族の館、ウェイクハーストプレイス

ロンドンから電車で南に1時間、
ウエスト・サセックス州にあるウェイクハーストプレイス。
b0199526_1757527.jpg

b0199526_1753563.jpg


16世紀後半の貴族の館。
初代ウェイクハースト男爵が
20世紀初頭から30年余りをかけ、
造り上げた庭園が元になっています。
実業家の手に渡ったあと、
ナショナルトラスト所有となり、
現在はキューガーデン(王立植物園)が運営管理。
b0199526_17281082.jpg

ただキューガーデンと違って、
交通の便がよくないので
観光ガイドブックには掲載されていないことが多く、
ちょっと残念。
でも植物好きなら、
一日費やしても行く価値ある場所です。

電車での行き方は
公式サイトのここを参考にしてください。
最寄り駅はHaywards Heath。でもそこからさらに10kmくらいあります@@
バス、あるみたいです(私たちは友人にピックアップしてもらいました)。

アップダウンを生かして
小川や小さな滝が造られ、
日本の池泉回遊庭園を彷彿させる箇所もあります。
b0199526_1813963.jpg

b0199526_1871840.jpg

椿、木蓮が散り際、ツツジ、水芭蕉が満開。
ここは紅葉と花菖蒲が見所らしいのですが、
青もみじが目にまぶしく、
京都の風景をあれやこれやなつかしく思い出しました。
花菖蒲が満開の頃にまた来たいなあ。

しかし面積200万平米。
庭園部分はその一部、
保護森林区、湿地帯も見所満載とか。
今回は時間がなくパス。
ちなみに200万平米は
東京ディズニーランドとディズニーシーを足したものを
2倍にした広さです。
京都御所(御苑と御所)の2倍強。


b0199526_1750018.jpg

b0199526_17472935.jpg


園内の2000年に設立されたシードバンクでは
世界中から、絶滅危機にある種が集められ、
冷凍保存されているそうです。

つづく。

クリック、ありがとうございます。

下のバナー(+人気ブログランキングへ)を
クリックしていただくと、10ポイント入ります。
このブログのアクセス数とは無関係。
「いいねボタン」みたいなものです。
ランキングサイトに飛びます(このブログの順位が表示されます)。


人気ブログランキングへ
by keiko-aso | 2015-04-21 18:02 | 植物+公園@ロンドン

京都ロンドンから琵琶湖のほとりへ??セルフリノベーションの家


by keiko-aso
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30