植物+公園@ロンドン

ウィステリアとこぼれ話

ウィステリア(藤)、あそこまで素晴らしいのは
めずらしいのではないかと思うのですが、

でも、この花を
壁に這わすのは一般的なことのようです。

近くにはこんな藤も。雨樋を伝って、空へと上がってます。
b0199526_1713596.jpg

この建物は前庭がないタイプなので
じっとそばで観察。
b0199526_174739.jpg


これは近くですが、別の家。
まだ蕾でした。
b0199526_1734557.jpg


藤は英語でWisteria(ウィステリア)。

NHKのBSで放送していた海外ドラマ(USA)
「デスパレートな妻たち」、
ご覧になっていた方、いらっしゃるかしら。
その主人公たちが住んでいたのが
「ウィステリア通り」でした。
藤という意味だったんですね。

源氏物語に出てくるし
日本的な花という印象があったのですが、
欧米でも一般的な花のようです。

□□□
周辺は高級住宅地ではありません。
b0199526_17421834.jpg

ビンテージだ。
b0199526_17494351.jpg

キッチンの窓にハーブの籠。たぶん籠の中にポットが入っている?

b0199526_17533573.jpg

洗濯物を外廊下に干しているフラットもある。でもいい感じ。
(欧米では外干しを法的に禁止している都市もあります。
ロンドンはどうなんだろう。
外干しは低所得者の証らしい)

b0199526_17543051.jpg

b0199526_1994996.jpg


混沌としている住宅地でも、
美しいなあ、と見入ってしまうのは
私が異邦人たから、という理由だけではないと思う。

「暮らし」というものを
 異国でいろいろ考察してみる春の日。


つづく。



ありがとうございます。↓

下のバナー(+人気ブログランキングへ)を
クリックしていただくと、10ポイント入ります。
このブログのアクセス数とは無関係。
「いいねボタン」みたいなものです。
ランキングサイトに飛びます(このブログの順位が表示されます)。


人気ブログランキングへ
by keiko-aso | 2015-04-22 18:15 | 植物+公園@ロンドン

京都ロンドンから琵琶湖のほとりへ??セルフリノベーションの家


by keiko-aso
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30