猫を連れて、英国へ

ロンドンは雨

おはようございます@ロンドン
時差8時間のようです。
もうすぐ7時になるのに
外は真っ暗です。


今しがた、夫、
フランスへ車を返しに
出かけて行きました@@
フランスから帰ってくるまでが、遠足です、
じゃなくて、引越です(苦笑)。

フォークストーンまでは
市内の渋滞も含め、1時間半程度。
そこから、銀色の列車に車ごと乗り込み
(写真、撮りましたので、また後ほど)、
ユーロトンネルで、フランスのカレーへ。
車を返したあとは、フェリーでドーバーを戻り、
そのあとはローカル線で帰ってくるんだと思います。

私は猫たちと1日、お留守番。
大きな建造物(窓から見えている建物)の
私たちの部屋のあるフロアーには
指紋認証で入るので
まだ手続きをすませてない私は
出入りができないんですよ……。

家事をするにも
オール電化で、説明書は英語だし
今日のところは
おとなしくしていようと思います。


□□□
二猫の様子。

昨日のまやは尻尾をぴーんと立てて、
笑い声が聞こえそうなほど、はしゃいで
部屋から部屋をダッシュしたり
窓枠に登ろうとしたり、
あんぽんたん全開。
久々ののびやかな空間に
うれしそうでした。

ロッタは部屋に入ってしばらくは
キャリーケースに入ったままでしたが、
そのあとは基本、飼い主のストーカー。
今もかたわらにいます。
居間に行けば居間に、
寝室に入れば寝室に、といった具合。

いずれにせよ、
元気にしています。

長旅を強い、
かわいそうなことをしたのに
私たちに対する信頼度は
より強固になったような感じがします。

そして車に慣れた。
まだ若いまやは
これから旅好きの猫になれるかも。

猫たちも含め
旅するように、暮らしていきます。


道中の様子はまた別記事で。


□□□
たくさんのコメントをありがとうございました。
b0199526_14414816.jpg

by keiko-aso | 2014-10-19 14:43 | 猫を連れて、英国へ

京都ロンドンから琵琶湖のほとりへ??セルフリノベーションの家


by keiko-aso
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31