京都猫がいる風景

ロッタたちの合格通知

狂犬病抗体検査証明書が届きました。
0.5IU/ml以上なら合格だそうですが、
ロッタは13.5、まやに至っては17.8もありました。

これでEU(フランス)へのペット持ち込みの
申請書類の作成ができます。

EU指定用紙で健康証明書を作成するのですが、
ここで必須が、マイクロチップの番号と、
狂犬病のワクチン接種の証明書
フランスは日本からの持ち込みに対しては
狂犬病抗体検査証明書は免除なのですが、
イギリスは必要とのことで
念のため、この証明書も用意しました。
↑↑↑
フランスで取得する
EUのペットパスポートがあれば、
英国も入国(持ち込み)、問題ないらしいのですが、
万が一、できなかったら
一大事なので。

ちなみに、この抗体検査の費用、13000円もするんですよ。
ロッタとまやで×2
いやいやいや。

証明書の作成は夫担当。
英語(orフランス語)で記入するので ^^  


しっかし、
動物を伴っての渡英(渡航)が
ここまで大変だとは思いもしませんでした。
(代行業者もあるようです)

b0199526_2354448.jpg


でもいちばん大変&心配なのは、
長時間、飛行機に乗せる、ということ。
それもフランスで一泊して、列車でイギリス、
(フランス経由にするのは、イギリスの空路は
カーゴでしか、ペットが持ち込めないためです。
当然、カーゴですから別便です)
で、着いた先は、
全然知らないフラット、
これまでの町家の匂いとはまったく違う場所、

猫ベッドは持参予定ですが、
心配は日に日に増すばかり。
猫のことになると、
とたんに心配性になるワタクシです。

「大丈夫でちよ」byまや
「私、秋田に行こうかしら」byロッタ
 秋田って何? byアソさん
 コラーっ  byオットどえす
by keiko-aso | 2014-09-29 00:11 | 京都猫がいる風景

京都ロンドンから琵琶湖のほとりへ??セルフリノベーションの家


by keiko-aso
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31