京都猫がいる風景

猫の採血はたいへんでした。

いつもの血液採取かとは思っていたら、
今回は、量が多い(注射器1本)ので、

首の血管から採ることになりました。@@

エリザベスカラー着用の上、
動物病院のスタッフさんが押さえこみ、
首をぐいっと上げて、
皮膚をつまんで、静脈を捜して、
指で押さえて駆血。
浮き上がった静脈に注射針を、という段取りなんですが、

まやもロッタも
ふつうの猫より血管が細く、
なかなか血管が出ない。
時間がかかる。
ベテランの先生も
なかなかやりにくそうでした。
やり直したりするので
さしものまやも、激しく抵抗。

ロッタはもう……絶叫。

申し訳なさすぎて、
飼い主までぐったり。

□□□
それを報告すると、
夫が、ロッタがかわいそう、ロッタがかわいそうと
何度も言うので
まやはかわいそうじゃないんかい?
と、突っ込むワタクシでした。

「大丈夫でちよ」by まや
b0199526_12522740.jpg


「イギリス行、やめてもいいかしら」by lotta
b0199526_12523655.jpg

いやいやいや、それは困ります。
一緒に、ぜひとも、ここはひとつ。ロッタさま。姫さま。女王さま。

□□□
渡英前なので、
少し余分に採血してもらい
通常の血液検査もしてもらうことに。
ロッタはシニア女子なので、
甲状腺ホルモンの数値も
調べてもらうことにしました。
あとは尿も。

□□□
人間は7月に人間ドッグに行きました。
去年と同じような結果に。
今年は骨密度とか、血管年齢も計測してもらいました。
骨密度、年齢平均より下(とほほ)。血管は40代とか。
自分のカラダ偏差値を知るのって
なかなか面白い。


みなさまも
健康にはご留意くださいませ。


ロッタと私は痩せ、
オットとまやは増量中?!
□□□
朝晩は肌寒くなってきましたね。

 
by keiko-aso | 2014-09-18 13:01 | 京都猫がいる風景

京都ロンドンから琵琶湖のほとりへ??セルフリノベーションの家


by keiko-aso
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31