京都町家のこと

ダイドコの間

うちのダイドコは
三つの高さからなっています。
いちばん下は、流しのある土間。
そして一段上がった板の間、
さらに一段、上がって畳の間。

板間には
水屋箪笥の上部分を置き、
そこに簡易のカウンターを付け、
割烹風にしてあります。

畳の間には
小さなダイニング用の
英国骨董のカフェ・テーブル。

ごはんは、
カウンターや、テーブルや
二階にもテーブルがあるので
季節や献立によって
使い分けています。

本当はもうひとつ、
居間に囲炉裏を作ったのだけど
あんまり使わないままでした。

写真は畳のダイドコの間。
b0199526_1841303.jpg


下から撮ると、
b0199526_18422426.jpg


さらに仰って撮ると、
b0199526_18432939.jpg


建物のわりには
細い大黒柱。
田舎家と違い、町家の大黒柱は比較的、細い気がします。
b0199526_18433880.jpg

大黒柱は火の用心のお札が。

吹き抜けの野天井。
だから冬場は寒いんです。
その代わり、夏は涼しい(比較的ね)。
by keiko-aso | 2014-01-29 18:45 | 京都町家のこと

京都ロンドンから琵琶湖のほとりへ??セルフリノベーションの家


by keiko-aso
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31